お知らせ

  • 2018年7月13日 レヴォーグ納車。

« ヘッドが降りました(涙) | メイン | サージタンク少加工&タービンアクチュエータのセット圧調整 »

2010年9月25日 (土)

純正エキマニ加工&HKSアウトレット

タービンがGT-SSになるので、穴の大きさを合わせる為に純正エキマニのタービン側を広げました。

Photo Photo_2

左が加工前で、右が加工後。

加工前画像のマスキングテープのない部分が削る部分です。

ガスケットに合わせて削りましたが、結構大変でした。

まだ削り代は残っていたのですが、疲れてあきらめました(^^;)

画像はありませんが、エンジン側の穴も少し広げておきました。

これも6ヵ所の穴を加工するので、面倒になってそれなりでやめました(^^;)

Hks

HKSのエクステンションはVスペック用純正排気温度センサーのボスを溶接して、耐熱バンテージを巻き巻きしました。

ボスは手に入りそうにないので、SUSの六角棒で自作です。

(センサーネジサイズはM12xP1.25で、M12タップが途中から5mmの穴になっていました。

タップと5mm穴の間はテーパーで、センサーをネジで押さえこんで固定するタイプ。

もちろんセンサー形状はまっすぐの棒ではなくて、それに合わせた形状になっています。)

バンテージ巻き巻きですが、手はかゆくなるし針金は指に刺さるしで、すごく嫌な作業でした。

苦労した割にはバンテージがゆるゆるのような気がします。

走行中に緩んで取れないか、ちょっと心配です(^^;)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/228237/25115485

純正エキマニ加工&HKSアウトレットを参照しているブログ:

コメント

ちゃくちゃくと進んでますね。バンデージは濡らして施工してもだめでしたか?

一度は濡らして巻いたのですが、排気温度センサーボスを溶接し忘れたので途中まで外してから、乾いたまま再度巻き直したらダメでした。
ちょっとした事でも楽するとダメですね(^^;)

復活に向けて始動ですね!!

サーモバンテージは多少緩くても
大丈夫なのではないでしょうか。

おおーーっ!着実に復活へと近づいてますね!!しかしエキマニ段差は素朴な疑問なんですが純正タービンだとこの大きさの穴でぴったりなんですか?結構違うんですね~!

バンテージが凄くカッコいいです♪僕の車は巻いてないんですよね~(汗)

GSKさん
初めてのバンテージ巻きなので、どれぐらいのテンションで巻けばいいのかサッパリです(^^;)
取付後にもし外れたら巻き直し出来ないでしょうから、その時は全部取っちゃいます。

ゆうきパパ674号さん
まだエンジン本体はバラバラなんですけどね(^^;)
加工の為に県外に行っちゃってますし。
という事で、車自体はお店で放置プレイ中です。

純正タービン側フランジは、確かエキマニの加工後の穴ぐらいあったような気がします。
エキマニ側フランジあたりで絞っている感じだったような…。
他の部分に気をとられていて、ほとんど見てませんでした(汗)
今は手元にないので、今度確認してみます!

ゆうきパパ674号さん
今日、純正タービンを見てきました!
結果は加工前エキマニの穴と同じ大きさでした。
なぜかガスケットだけ加工後と同じ大きさの穴が開いてるみたいです。
適当な事言っちゃってごめんなさい(^^;)

純正タービンは小さいんですね~!きっとそれなりの理由があるんでしょうけどだったら最初からそのサイズのエキマニで良いじゃん!って感じですがグループAに合わせたとか?!まあグループAが純正エキマニ使ってるか分かりませんが(苦笑)

何の為の絞りなのか僕にはまったくわかりませんが、すごく頭のいい人が考えたのだろうから文句は言いません。
削ってはしまいましたが(^^;)

グループAってエキマニもですが、純正STDのタービンをそのまま使っているのでしょうかね?
なんとなくありえないような気がします。

コメントを投稿

フォトアルバム

コソっと質問

検索窓

  • Yahoo!検索

    • ウェブ全体を検索
    • このサイト内を検索

Powered by Six Apart

アクセスランキング