お知らせ

  • 7月13日 レヴォーグ納車。

忍者レコメンド

« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

2015年3月30日 (月)

アルミホイールを酸洗いしてみたっ!

ベリーサのスタッドレス用アルミホイールを試しに酸洗いしてみたら、新品並みにキレイになりました(驚)

これはすごいっ!って事で、GT-RのTE37も洗ってみました。

まずはリアから。

20150329_170302

洗う前はこんな感じでしたが・・・。

20150329_172705

軽く洗ったら、こんなにキレイに!

洗面器に酸を5倍ぐらいで薄めて、洗車ブラシで軽くこすっただけです。

変色が怖いので、1~2分で擦って、すぐに洗い流しました。

次にフロント。

20150329_170253

サーキット走行で付着したブレーキパッドの粉が頑固にこびり付いています。

内側は全周のどこもホイールの地が見えないぐらい(汚)

おそらく5年以上洗っていません(^^;)

20150329_172742

それが1~2分こすっただけでここまでキレイに。

もっとがんばればリアぐらいになりそうですが、長時間は変色が怖いのでやめました。

20150329_192406

すごいです、酸の威力。

今まで汚れで目立たなかったコースアウトの時についた傷もよくわかるようになりました。

4本ともキズだらけ(悲)

20150329_173516

ただ、いろいろな意味で危険なので何があっても自己責任で!

おしまい。

2015年3月21日 (土)

近接排気音の測定(スマホのアプリにて)

バルタイ調整後、なんとなくうるさくなったような気がするので、

いつも使っている携帯のアプリで測定してみました。

20150321_161911

[測定方法]

まずは近所をふら~っとドライブして十分に車を暖機します。

そしてマフラー出口から45°外側斜め方向に0.5mの距離にスマホをセット。

高さは0.2mもしくはマフラー出口の高さのいずれか高い方なので、

いつもの様に0.25mの台の上にスマホを立てて設置。

そして5100rpmまで回転数を上げ、5秒間キープしてからアクセルオフ。

この5100rpmキープがなかなか難しいんです。

足がプルプルして、どうしても5200rpmまで上がっちゃいます(汗)

両足でアクセルペダルを挟み込むようにしてみましたが、それでもダメ。

2回測定して、2回とも5200rpmになっちゃいました。

前回のバルタイ調整前は、アイドリングが68dB、近接排気音は90dB。

今回のバルタイ調整後は、アイドリングが70dB、近接排気音は90dB。

(上記測定時の車の仕様は全く同じです。)

アイドリングのみ2dBのアップですが、車検は大丈夫そうですね(嬉)

ただアイドリング中の音量が68dB~72dBの範囲でなかなか一定しませんでした。

前回測定時の68dBの時はここまで一定しない事はなかったのですけど。

2dBアップ以外にその辺も音の感じ方(聞こえ方)にも影響しているかもしれません。

おしまい。

2015年3月 8日 (日)

バルタイ調整してみたっ!

先日買ったHKS製カムプーリーを取り付けしてバルタイを変更してみました。

20150307_2019151

家の用事を済ませて、PM8:30頃から作業スタート。

20150307_202101

まずはクランク角センサーの取り外し。

20150307_202745

カムに刺さる部分はこんな形状。中心がオフセットされたスリットが入っています。

20150307_204420

カバーの取り外し。

カバーが取りにくく、ウオーターポンプのプーリのナット(ファンのナット?)も緩めればギリギリ取り出せます。

ネジを忘れないようにメモしておきましたが、忘れませんでした(^^;)

20150307_205430

次にセンサーのベースを取り外し。ネジは3本。

20150307_210442

ベルト同士が狭まった、ここが危険ゾーン。

ウエスを詰め込んでボルトや部品が中に落ちないようにしておく事!

ここに落ちたらかなり厄介な事になるみたいですよ。

20150307_210536

パワステポンプのプーリ取り付けナットを時計回りに回して、クランクプーリとカムプーリの合いマークを合わせます。

20150307_210548

こんな感じ。

20150307_210643

オイル注入口からカム山がインテーク側へ真横を向いているか確認。

これでばらし作業終了。

ここからプーリーを交換していきます。

思っていたより作業は簡単で、ここまで1時間もかかりませんでした。

20150307_212025

まずはEX側から交換です。

IN側プーリとベルトをインシュロックで固定してからEX側を交換します。

ベルトにテンションがかかっているので少し交換しにくいですが、そこはがんばるしかないです。

ステーやカバーのボルトにはカジリ防止剤を塗り、プーリ調整部分や固定ボルトにはネジロックを塗布。

20150307_213132

今回の作業は重要そうな部分のみトルクレンチを使いました。

でも画像では19N・mの予定が少し締めすぎていますね(^^;)

調整部長穴の所のネジは10N・mとしました。

20150307_213437

次にIN側もEX側同様にして交換。

20150307_222542

20150307_235308

取り付けが終わったら、ついにバルタイ変更です。

散々悩んだ挙句、今回はINは+4°でEXは-8°に変更で決まり。

なのでカムプーリの目盛りはその半分の値だけずらします。

20150307_235347

変更完了!

20150307_235522

あとの部品を元に戻していくだけですが、見えなくなっちゃうのがもったいないなぁ(^^;)

20150308_005508

見えなくなっていく~。

20150308_010756

見えなくなっちゃった(^^)

あとはタイミングライトで点火時期を合わせます。

20150308_014146

元の位置からこれだけズレました。

アイドリングの排気音は少し変わりましたが、脈動は特に気になりません。

少し音量が上がったかな。

ビビリなので、EVC5のマップを少し変更し高回転域の過給圧を少し下げました。

マップを4000rpmまでが1.2K程度で、6000rpmまでは1.0K程度、そこからは0.95Kとしました。

4000rpm以下で1.2Kはかかりませんが、立ち上がりを良くする目的で少し高めにしています。

この状態で乗った感じ、5~6000rpmぐらいまでが速くなっていましたが、高回転域はよくわかりませんでした。

遅くなっているかもしれませんが、僕には気になりませんね。

すごく速くなった!とまではいきませんが、かなり乗りやすくなりました。

街乗りで使う回転域でのアクセルを踏む量が少し減ってます。

GT-SSってブースト1.2Kとかかけないと速くないって言われていますが、僕はこれでも十分かな。

扱えないようなパワーもいらないし、純正タービンのブーストアップより遅いとも思いません。

20150308_020127

エアフロ電圧は4.7~4.9Vでほぼ使い切っています。

まだもう少しはいけそうですが、これでやめておこうかなぁ。

マフラー音もなんとな~く変わってました。

僕の嫌いなゲロゲロ音?みたいなのが減った気がします。

今回は部品代からするとかなり満足な内容でしたっ(嬉)

あんなちょびっと変更するだけで鈍感な僕でも感じ取れる変化はあるんですね。

ちょっと驚きです!(^^)

おしまい。

アクセスカウンタ

個人別カウンタ(ドラクエ風)

フォトアルバム

コソっと質問

検索窓

  • Yahoo!検索

    • ウェブ全体を検索
    • このサイト内を検索

忍者アナライズツール
Powered by Six Apart

リアルタイム解析