お知らせ

  • 2018年7月13日 レヴォーグ納車。

« MFDの液晶 | メイン | 海水浴 »

2015年8月 8日 (土)

ブローバイ対策

僕の車は自作のブローバイセパレータとニスモのオイルセパレータのダブル取り付けでブローバイ対策してあります。

No2

自作品内部はこんな感じで仕切ってあります。

ほとんど自作セパレータで分離されているみたいですが、まだニスモの入り口にも少量のオイルが付着していました。

ニスモのはオイルをタービンのリターン配管に戻しているので、少なからず希釈されたガソリンもオイルパンに戻されていると思います。

これは気分的に良くないので、自作部分を改造してもっと分離させる構造にしてみました。

ただこれが正解なのかはわかりません(^^;)

自己責任で。

Bbt1

まずは切断して内部を洗浄したら、

Bbt2

ステンレスタワシと仕切り板を挿し込んで、再度溶接します。

ただ今日も猛暑で溶接していると汗だくでしんどかったです。

Bbt3

Bbt4こんな感じ。

タワシ部分が詰まった時の為に、隅っこに少しスキマを作っておきました。

Bbt5

酸洗いしてから磨いてピカピカ。

ただこのまま取り付けすると自作感が目立ちますので、

Bbt6

今まで通りにカーボン調のステッカーを貼って目立たなくしました。

Bbt7

そして取り付けして完成。

Bbt8

Bbt9

Bbt10

これなら目立たなくていい感じです。

しばらく乗ってから配管を外してオイルの付着量を確認してみます。

効果あるといいな。

おしまい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/228237/33504805

ブローバイ対策を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム

コソっと質問

検索窓

  • Yahoo!検索

    • ウェブ全体を検索
    • このサイト内を検索

Powered by Six Apart

アクセスランキング