お知らせ

  • 2018年7月13日 レヴォーグ納車。

« 2020年4月 | メイン | 2020年6月 »

2020年5月23日 (土)

STIフレキシブルドロースティフナー加工取り付け

STIのフレキシブルドロースティフナー加工取り付けですが挫折しました。

マフラー側用に加工した物とレヴォーグ用の両方を取り付けすればWRX STIと同じように出来ると思ったのですが、触媒に干渉してダメでした。

どうしても下側に出っ張った取り付け方になってしまいそうでした。

このままお蔵入りもするのも寂しいので、加工して既製品と同じように取り付けしました。

すごい無駄な作業(^^;)

20200523_132907

20200523_132916

バラバラに分解してステー類は合うように切ったり曲げたりして塗装。

本体はSUSのロッドを短く切って長ナットで連結。

長ナットもSUSの物が売っていなかったので自作しました。

20200523_151407

あとは組み立てて、少し引っ張り気味に取り付けしたら完成。

20200523_151417

20200523_151427

ロッドが途中でジョイントされている以外は既製品とほぼ同じ。

なので満足感もあまりありません。

残念・・・。

おしまい。

2020年5月22日 (金)

自作ネタの材料が届いたっ!

最近は車をイジる事がなくて寂しかったのですが、いいネタを思いつきました。

STIフレキシブルドロースティフナー加工取り付けです。

St20118vv000_1

レヴォーグ用はこんな感じで片側だけなんですよね。

St20118vv010_1

それをWRX STIのように両側に付けてみたくなりました。

ただ根本的にフレーム同士をバネの内蔵された棒でつないで効果あるのか?という疑問はあります。

強化マウントに交換するようなイメージなのかもしれませんね。

それでいて強化マウントのようにどの方向からの入力に対しても強化するのではなく、ロッドでつないだ方向だけ強化するのでガチガチにはならないって事なのかもしれません。

20200521_180113

という事でレヴォーグ用と反対の取付方向となるNAのレガシィ用を中古で買いました。

どちらにしても加工前提なのでどの車種用でもよかったのですけど。

まずはバラして内部のチェックから。

思ってた以上に簡単な仕組み(^^;)

つっかえ棒なのでロッドでつないでお互いを押すイメージでしたが、両側の取付部をお互いに引っ張ってテンションをかけるようです。

20200521_180212

わずかにストロークするだけですが軸受けには無給油ブッシュが組み込まれていました。

この辺はさすがですね。

まあ自己満足で終わりそうな気もしますが試してみます。

2020年5月20日 (水)

ビルシュタイン製ダンパーの取り付け

といっても車ではありません。

建築中の家の柱にです。

20200517_093900

20200517_093942

20200517_094007

20200517_094013

こんな感じ。

完成時には見えなくなってしまうので画像で残しておきます。

車と違って効果が即体感できる物ではないだけに満足度は微妙~。

大きな地震はこないに越した事はないので、それでいいのですけどね。

おしまい。

2020年5月16日 (土)

F,Rデフオイル交換とブロアファンモータ交換

走行距離32,634kmにてF,Rデフオイル交換。

CVTオイルも後日交換してもらいます。

_fr

あと最近エアコンを使用しているとヒューンと異音が発生していました。

30分ぐらい走行していると音が鳴り出し、エアコンをOFFにすると消えるんです。

なので音の出所を探ったら助手席足元のブロアファン付近から発生している感じ。

連休中にブロアファンを取り外して掃除したらファン根元のスキマから茶色と黒色の粉が出てきました。

これで原因はブロアファンでほぼ間違いなしです。

このままでは気になるので購入店よりDに問い合わせしてもらったら、新品に交換してくれました。

保証期間内なのでお代はタダ。

今の所は音も消え、静かな車内で気分もスッキリ。

おしまい。

フォトアルバム

コソっと質問

検索窓

  • Yahoo!検索

    • ウェブ全体を検索
    • このサイト内を検索

Powered by Six Apart

アクセスランキング