お知らせ

  • 2018年7月13日 レヴォーグ納車。

« ビルシュタイン製ダンパーの取り付け | メイン | STIフレキシブルドロースティフナー加工取り付け »

2020年5月22日 (金)

自作ネタの材料が届いたっ!

最近は車をイジる事がなくて寂しかったのですが、いいネタを思いつきました。

STIフレキシブルドロースティフナー加工取り付けです。

St20118vv000_1

レヴォーグ用はこんな感じで片側だけなんですよね。

St20118vv010_1

それをWRX STIのように両側に付けてみたくなりました。

ただ根本的にフレーム同士をバネの内蔵された棒でつないで効果あるのか?という疑問はあります。

強化マウントに交換するようなイメージなのかもしれませんね。

それでいて強化マウントのようにどの方向からの入力に対しても強化するのではなく、ロッドでつないだ方向だけ強化するのでガチガチにはならないって事なのかもしれません。

20200521_180113

という事でレヴォーグ用と反対の取付方向となるNAのレガシィ用を中古で買いました。

どちらにしても加工前提なのでどの車種用でもよかったのですけど。

まずはバラして内部のチェックから。

思ってた以上に簡単な仕組み(^^;)

つっかえ棒なのでロッドでつないでお互いを押すイメージでしたが、両側の取付部をお互いに引っ張ってテンションをかけるようです。

20200521_180212

わずかにストロークするだけですが軸受けには無給油ブッシュが組み込まれていました。

この辺はさすがですね。

まあ自己満足で終わりそうな気もしますが試してみます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/228237/34208905

自作ネタの材料が届いたっ!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム

コソっと質問

検索窓

  • Yahoo!検索

    • ウェブ全体を検索
    • このサイト内を検索

Powered by Six Apart

アクセスランキング