お知らせ

  • 2018年7月13日 レヴォーグ納車。

« 2020年7月 | メイン | 2020年9月 »

2020年8月29日 (土)

無駄を無くそう!(排気効率アップ加工)

フロントパイプのフランジ部分の段差をなくして排気効率をアップさせるという加工をしている記事を見つけました。

僕の大好きなコソチューンだっ(^^)

という事でマネて加工してみました。

20200829_134232

まずはフロントパイプを外します。

エンジン側のナットが潤滑スプレーをかけても固い・・・。

若干ナメ気味になっちゃいましたのでダイスでネジ山を修正しておきました。

20200829_134315

20200829_134405

加工前のエンジン側フランジ。

フランジにパイプを差し込んで外側を溶接しただけなので、内側はパイプの肉厚分の段差があります。

この段差に排気ガスがぶつかって抵抗になっていると思われます。

非力な1.6L車なので少しでもこういった無駄を無くしていきたいですね。

20200829_134420

マフラー側はこんな感じです。

排気ガスの流れ方向を考えると問題なさそうなのでこちらは加工しません。

早速加工を開始。

20200829_140722

フランジとパイプの隙間がなくなるように叩いてから内側を溶接。

暑すぎて真夏の溶接は地獄ですね(汗)

20200829_141451

20200829_141501

全周ぐるっと溶接をしたら軸付グラインダーで仕上げます。

取り付け後は見えなくなるのでホドホドにしておきました。

20200829_144314

あとは取り付けして終了。

とりあえず体感できるほどの効果はなさそうですが気分的にはスッキリしました。

おしまい。

2020年8月17日 (月)

BILSTEIN車高調から純正ショック&STIスプリングへ

残念ながら車高調が抜けちゃったので純正へ戻しました(涙)

中古美品を購入後8000kmという短命。

最近ゴトゴト異音がするなって思ってましたが、変な振動も出てきたのでチェックしたらロッドがガタガタ。

オイルも漏れていました。

20200813_202325

20200813_212448

フロントは酷いです。

揺するとガタガタで、オイルも漏れまくっています。

20200813_224018

リアは異音もなくオイルが滲んでいる程度でした。

20200813_205624

20200814_001259

交換自体は前回で慣れていたので迷わず作業できました。

あとは交換後に車高が変わったのでヘッドライトのオートレベライザーもリセット。

手順はみんカラで調べました。

・まずはライトスイッチをOFF。

・スタートボタン2回押してイグニッションON。
(メーターの警告灯が全点灯)

・ライトの黄色い警告灯が消えるのを待ち、消えたらライトスイッチをON、OFFを素早く5回。

・5回目でONのままとすると光軸が上下に動いて止まります。
 (5回以上やっても次にONで止めたらOK)

・ライトの上下が止まったら、イグニッションOFF。

・上記を3回くらい繰り返すと左下の警告灯が3回ぐらい点滅して終了です。

20200814_005342

残念な車高。

あと少しでいいから車高を落としたい。

次はいくら程度が良くても中古は買わず新品にしようと思います。

20200815_230614

あとはトー調整もしていたので元に戻そうとしましたがフロントのロックナットが緩まずこの日は断念。

別の日にロックナットをクランプする工具を作って再トライ。

20200815_223518

こんな感じで強固にナットをクランプします。

これを使って緩めます。

一応CRCを吹き付けて数時間放置しておきました。

20200815_223130

舐める心配が無いので力が掛けやすく簡単に緩みました。

六角の1辺分(60°)縮めていた分を伸ばして再びロック。

_r4

リアは目盛りを1目盛り分縮めていたので同じ量を伸ばして完成。

(画像のピンク色マーキングが元の位置です。)

ナットのクランプ工具のおかげですんなり作業終了。

街中を乗ってみましたが荒れたり波打った路面でのボヨンボヨン復活。

酔いそうです(汗)

細かい振動は拾わなくなったので、きれいな道なら乗り心地いいですけど。

次の足回りを検討してみます。

おしまい。

2020年8月11日 (火)

エアクリーナー交換

前回の交換から20,000km以上走ったので交換しました。

前回13,500km

今回36,532km。

20200809_171202

20200809_171229

今回もBLITZの純正交換フィルタ(SF-48B)です。

Blitz_36532km

結構な数の虫が捕獲されていました。

これでもたまにエアーブローして掃除していたのですけど。

気分スッキリ。

おしまい。

2020年8月 8日 (土)

STIフランジボルトに交換

気になっていたSTIのフランジボルト。

純正のボルトより少し太くて相手側の穴とのスキマを減らしメンバーがブレなくなるみたい。

St20159st000_2

品番はST20159ST000

St20159st000_1

数量は4本必要です。

1本900円ぐらいでした。

20200808_092729_2

20200808_0926

交換場所は前側と後ろ側の各2ヵ所。

付近をジャッキで受けておきながら1本づつボルトを交換するだけです。

締め付けトルクは145N・m。

20200808_093235

20200808_093246

純正(短い方)とSTI(長い方)の比較。

純正は首下少しだけ太いですが、STIは全て太くなっています。

20200808_094838

純正では画像のように取り付け穴とボルトにスキマがあります。

20200808_095315

しかしSTIだとスキマはほぼ無し。

これは効果ありそう。

体感できるかは微妙だけど。

20200808_104537

締め付けた後は念の為に合いマークをつけて後日ゆるみが無いか確認します。

20200808_100113_2

ついでに見つけてしまった錆と塗装剥がれの補修も。

ワイヤーブラシで磨いて錆転換剤を塗り、トタン用ペンキを塗り塗り。

20200808_104738

完成~。

ちょっと乗ってみましたが効果は体感できず。

ただあのスキマが無くなったと思えば気持ちは満足です(^^)

おしまい。

2020年8月 1日 (土)

パンク修理

最近窓を開けて走っていると助手席側後方よりチッチッチって音が聞こえていました。

それでタイヤを目視点検していたのですが異常なし。

でもやっぱり音が聞こえる。

って事で再びチェック。

おおっ!?

一瞬で原因発見。

20200801_104249

何か刺さってる(涙)

なぜ今まで気づかなかったんだってぐらいに目立つ位置(汗)

いつも行くガソリンスタンドで修理してもらいました。

20200801_140452

スタッドレスシーズンまで走れるか微妙な残り溝なのでショックの度合いは少なかったです。

ただ前車の時も含めてここ数年は1年に1回パンク修理しているような気が・・・。

当たりすぎ(怒)

走る距離も多いので仕方ないのかもしれませんけどね。

おしまい。

フォトアルバム

コソっと質問

検索窓

  • Yahoo!検索

    • ウェブ全体を検索
    • このサイト内を検索

Powered by Six Apart

アクセスランキング