お知らせ

  • 2018年7月13日 レヴォーグ納車。

2019年8月14日 (水)

STIのステッカー製作

先日貼った「1.6」エンブレムの横に貼る為に、「STI Peformance」のステッカーを作ってみました。

そして少しでも立体感を出す為、脳内にあった案で小細工も試みました。

まずは適当な字体でステッカーの製作から。

Photo

会社のカッティングマシーンをフル活用(^^)

Photo_2

こんな感じでデザイン。

本家の字体は設定に無いので、なるべく似た物をチョイス。

Photo_3

カット完了。

古い機種なので、クオリティは微妙。

色は適当に白、赤、シルバー、シルバーヘアーラインの4種類。

Photo_4

文字のサイズは2種類作ってみました。

そしてアピール度を控えめにする為、小さい方をチョイス。

それらの不要な部分を取り除きます。

あとはカーボンステッカーをベースに、「STI」は赤、「Performance」はシルバーヘアーラインを貼り付けます。

Photo_6

このままでは洗車で小さい文字が剥がれるので、上からクリアー塗装をします。

Photo_5

まずはミッチャクロン。

ステッカー自体がシンナー成分で縮まないよう、軽くスプレーします。

Photo_7

そしてクリアーの重ね塗り。

ここでも縮まないように軽くスプレーしては乾燥を繰り返します。

Photo_8

3~4回繰り返して完成。

ここまでは100点満点。

もう、売れるんじゃ?ぐらいのクオリティ。

十分に乾燥させたら早速貼り付け。

十分と言っても猛暑ですぐに乾きましたけどね。

_1

あれっ?

_2

あれあれ?

_

(遠目から。)

あれーっ!?

さっきまでの100点満点は何処へ?

近くで見ると手作り感満載なんですけど。

しかも微妙に小さい。

2種類のサイズを作ったんだから、大きい方を選べばよかった・・・。

単体で見てる分にはバッチリでも、車体に貼るとここまでイメージが変わるとは・・・。

かといってまた作るのも面倒なので、ここで終了。

満足度50%ってところですかね。

おしまい。

2019年8月 8日 (木)

ピッカピカ!

スタンドで働く先輩に車を洗車してもらいました。

20190808_184126

冬にこびりついたウォータースポットを除去するのに磨いてもらったのでピカピカ☆

キレイになると気分がいいですね(^^)

当分は雨降るな!!!

2019年7月31日 (水)

1.6のエンブレム貼り付け

僕の車歴からすると当然300PSの2.0Lを買ったと思われるみたい。

納車直後、お客さんに2.0?スゲーと言われ、申し訳ない思いで1.6ですって説明した思い出が・・・。

なので、自信を持って「1.6Lです」ってエンブレムでアピールする事にしました。

普通はありえない下グレードをアピールするという変人ぶりですが、僕自身どちらかと言うとMなので問題ありません(笑)

20190731_174356

買ったのはトヨタ カローラ(AE111)のエンブレム。

楽天で2000円ちょっとでした。

早速貼り付け。

20190731_185048

色々な場所にセロテープで仮固定して検討しましたが、最終的にこの位置で決定。

20190731_184954

手ごろな「GT-S]のエンブレムを見つけたらレイアウトを変更します。

20190731_185014

ちょっと遠目から。

20190731_185027

さらに遠目から。

思った以上に目立たず、いい感じ♪

これで目的通り、知る人からは「なんだ1.6か・・・。」って思われるんだろうな。

そして興味ない人からは、今まで通りスルー。

満足、満足。

2019年7月12日 (金)

シンメトリカルテールキットの取り付け

ずっと気になっていたレヴォーグの片方しかないバックランプ。

20180713__7

左はバックランプ、右はバックフォグという配置。

どうしても夜にバックする時、少し暗いんです。

サイドミラーで後方を確認しても、左は明るいけど右は暗め。

あと知らない人から「バックランプ片側点いてないよ」と言われるし。

そしたらシャイニングスピードって所から発売されているんですよね。

シンメトリカルテールキット(Ver.W/R)なる物が。

Kit_1

https://shining-speed.ocnk.net/product/47

1

左右対称でバックランプが点灯し、A型のみ?GTグレード用バックフォグ無しのレンズも付属されてます。

カプラーオンで加工なしの簡単取り付け。

OPでLEDバルブ(レッド→ホワイト)のダブル球も購入できます。

という事で購入して、ワクワクしながら取り付け。

作業時間は1時間程度でした。

Photo

取り付けは取説通りに作業するだけ。

とある有名なオリジナルテールランプを売っているメーカーさんのHPにその辺の取り外し方法が詳しく載ってます。

ヒント1・メーカー名はコ〇ゾ〇

ヒント2・エアロやマフラーも出しています

ヒント3・メーカー名は〇ラ〇ン

そっちで下調べしておくと作業がスムーズに行えると思います。

Kit_2

まずは準備と思いましたが、ソケットにLEDバルブを差し込むぐらいだけでした。

交換&取り付けする部品も画像の物だけです。

Photo_2

リアゲートパネルの取り外しから。

(注意)取っ手の隠れたビスや上側両端のプラのピンを忘れない事。

あとはスキマから指を突っ込んで引張れば外れます。

_1

_2

_3

リアガーニッシュを取り外し。

取説ではわかりにくいが、ガーニッシュの両端にボルトが各2本づつで中間部分に6ヵ所のナットがあります。

上の3枚の画像では、2,3枚目がナットを外した後になっています。

すべてサイズは対辺8mmです。

配線類は一切外さずにガーニッシュ本体を配線の届く範囲でずらして、リアゲートの上にそっと置いておけば作業できました。

リアガラス側へずらして置いておく感じで。

落とさないよう注意が必要で、画像を撮っている余裕はありませんでした。

注意しながらテールレンズをさっと交換してすぐに戻しました。

_l

_r

左右のソケットを付属品に交換し、配線は既存のハーネスに這わせて固定していくだけ。

Photo_3

点灯パターン切り替えのユニットは取説の推奨場所へ貼り付けました。

リアゲートパネルのバルブ交換時に外す小さいパネルのすぐ横で、ここなら取付後に点灯パターン切り替えスイッチを操作できるようになります。

_2_3

あとはパネルを戻して完成。

_1_2

左右対称でスッキリ。

というかスッキリしすぎなくらい(汗)

LEDバルブが見えるので、これが気になるかな。

そして気になる点灯チェック。

一人ぼっちで作業していたのでガラスに写ったリア部分を室内から撮影。

なので見難いです。

機会があったら撮り直します。

Photo_4

まずはバックのみ。

両方点灯してる~(嬉)

Photo_5

次に両方フォグ。

思ったより暗いから、実用性は?な気がします。

Photo_6

そして両方点灯。

純正同様、片側フォグランプで片側バックランプになってます。

この場合、スイッチ操作の仕方によってはフォグのみ一瞬というか数秒だけ点灯が遅れます。

使用に支障は無さそうですけど。

純正レンズ利用なのであたりまえですが、違和感がなさすぎ(^^;)

初めからコレでいいのでは?と思えるぐらい自然。

納車されてからずっと気になっていたので、気持ちがスッキリしました。

おしまい。

2019年7月 7日 (日)

ツイーターマウントステー交換

アップガレージにPioneerのツイーターマウントステーが売っていたので買ってきました。

新品なのに税込み600円以下(安)

Pioneer__2

品番・UD-K211

適合にレヴォーグはありませんが、どうせツイーターのメーカーが違い加工前提なので気にしません。

取り付けビスのピッチさえ合えばOKです。

測れなかったのでそこは賭け。

そして早速交換。

_1

_2

今までは自作のステーでしたが、マウント位置が下げすぎたのと傾斜が少ない(汗)

パイオニアのステーはステー自体に傾斜がついていて、ケンウッドのツイーターにも傾斜がついています。

なのでより車内中心にスピーカーの向きが近づくんです。

やっぱりですがツイーターをマウントするにもリブ等が干渉してポン付け出来ませんでした。

なので干渉する部分をリューターで削って取り付け。

裏のカプラー取り付け部分も削って、両面テープが貼れるように出来るだけフラットにしました。

Pioneer_1

Pioneer_2

Pioneer_3

バッチリ。

ただマウント位置よりツイーターが5mm以上高くなっちゃいました。

内装のパネルが取り付けできるか心配。

そして取り付け。

Pioneer__1

Pioneer__2_2

ここまでは完璧。

ツイーターも結構斜めってていい感じです。

恐る恐る内装のツイーターカバーを取り付けます。

__

おおっ!大丈夫みたい(嬉)

押してみた感じ、まだスキマもありそう。

ウキウキで視聴。

・・・。

・・・。

・・・。

ほほ~。

高音が良く聞こえるようになってます。

ちょっとした事でこの効果は大満足です(^^)

おしまい。

2019年7月 6日 (土)

STIリアサイドスポイラーの取り付け

先週は嫁さんと越前海岸の荒波を見にドライブしてきました。

ただし頭の中はSTIのリアサイドスポイラーの事でいっぱいでしたけど(汗)

20190630__3

20190630__1

20190630__4

20190630__5

そして今週、スポイラーが届きました(嬉)

_1

今回も中古品。

Photo

しかもバンパーごと(爆)

バンパーから剥ぎ取って、古い両面テープを剥がすのが、今回の一番の難関でした。

指先が痛い。

バンパーは不要ですので、サイドステップも含めて欲しい人は気軽に言ってください。

もちろん無料で近くなら配達もしちゃいます。

(福井県の嶺北近辺)

_3

取り付け前にメラミンスポンジで軽く磨いておきました。

結構キレイになるんですよね(^^)

Photo_2

Photo_3

両面テープは厚みが4mmある3Mの7140を使用。

前側の短い所は3Mの0.8mmの物を使用しました。

そして取り付け。

__before

まずは洗車してから、貼付け部分を脱脂。

_

そして端っこのフィルムを少しだけ剥がして位置あわせ。

この時、裏のプラスチックのピンも差し込んでおきます。

__2

そしてフィルムを引っぱりながら貼り付けていきます。

___1

__2_2

完成~。

あっさり終了で両側30分もかかりませんでした。

_l2

_l3

_l4

_l5

_r1

_r2

_1_2

_2

_3_2

そして明るい所でニヤニヤしながら鑑賞。

_r3

_r4

サイドとリアがつながった(嬉)

_r5

次はリアアンダーが欲しいけど、ここはSTIは好みじゃないので違う物を探します。

以外に純正OPのがいい感じっぽいんですよね。

実物を見てみたい。

ここで気を良くしてサイドステップもキレイにしてみる事に。

水をかけながらメラミンスポンジで磨きました。

_before

before

_after

after

__1

__2_3

そしてプレクサスをスプレー

おおっ!キレイになった!

画像ではわかりにくいですけどね。

おしまい。

2019年5月31日 (金)

Why,SUBARU? に掲載されてた(嬉)

先日応募していた、スバルHP内のWhy,SUBARU?というコーナー。

https://www.subaru.jp/whysubaru/

ふと見たら掲載されてました。

20190529_182135

おおっ!?

見切れてるけど、何やら青色のカッコイイ車が・・・。

20190529_180724

見覚えのあるコメント。

20190529_181056

20190529_181105

見覚えのある画像。

いい感じ(^^)

出来れば1枚目の画像をもっと拘るべきでした。

適当に会社の駐車場で撮った画像を1枚目に選んでしまった・・・。

2019年5月28日 (火)

週末の色々。

まずは土曜日。

会社の人と3人で福井駅前へ。

福井駅前メッセを見学してきました。

_r35_1

_r35_2

_civic_1

_r35_3

_r35_4

_sti_1

_sti_2

__1

音や独特の臭い。

やっぱりチューニングカーを見るとワクワクします。

R35はみんな1000PS越え。

恐ろしい。

その割りに音量もちょっとうるさい程度でアイドリングはそれなりに安定していて、技術の進歩を感じました。

__2

ブリッツから出ている2ピースローターの様な1ピースローター。

これはこれでいいかも。

_r34_1

やっぱりこの車に目がいきます。

HKSのデモカー。

BNR34、やっぱりかっこいいなあ。

_

そして、おねーちゃんももちろん見学。

おっさんの僕にも気さくに話しかけてくれました(^^)

楽しかった♪

そして日曜日は嫁と娘達がコンサートへ行っていないので、一人でドライブしてきました。

20190526_162938

20190526_162956

見晴らしのいいお気に入りスポットです。

レヴォーグを買ってからは初。

道中のワインディングも気持ちよく曲がってくれました。

パワーはないので遅いけど(^^;)

20190526_162755

20190526_162831

20190526_163255

20190526_162920

海がキレイに見えていい景色なんです。

20190526_163832

20190526_163848_2

車もほとんど通らないし、人気もないのですごく静か。

完全に自然の音しか聞こえないので、すごく落ち着きます。

ただ熊が出ないか少し心配でしたけど(^^;)

しばらく眺めて帰ってきました。

2019年5月19日 (日)

STIサイドアンダースポイラーの取り付け

フロントアンダースポイラーを付けるとサイドやリアもほしくなる・・・。

物の割りに高価なので購入を迷っていましたが、ヤフオクで程度の良い中古が即決で安く出てました。

新車に中古品を取り付けは嫌だなぁと30分ほど悩みましたが、納車後10ヶ月で走行1.7万Km越えちゃったし、もう新車じゃないなと思い落札。

そして届きました。

_

__l

__r

少し色あせがありますが、WAXを塗りたくってごまかします。

商品は純正サイドステップごとでしたが、サイドステップはいらないので分離して洗っておきました。

黒色だし僕は使わないので、欲しい人がいたら差し上げます。

__1

まずは純正サイドステップの取り外し。

__2

下から留まっているピンを取り外し、真横へ引っぱれば取り外せます。

汚いので取り付け前に掃除しておきました。

そしてサイドステップに取り付けの位置合わせしてマーキングしていきます。

__

型紙はないので、一緒に付いて来たサイドステップの穴位置を参考にして下穴をあけます。

__r_2

リア側の側面はピンで留めるので6パイで穴あけ。

__1_2

そのまま下側も6パイで穴あけ。

__f1

__f2

そして下側は10パイまで穴を広げます。

1箇所だけピンで留める穴は9.6パイでいいのですが、面倒なのでALL10パイにしました。

_1

_2

その穴にM5のウェルナットを差し込みます。

これは再利用できないので、ホームセンターで買っておきました。

両側で20個必要です。

バイクショップやネットでも売っています。

__3

M5のネジで留めていきます。

ワッシャが一体のネジで長さは15~20mmです。

片側10箇所、ピンは2箇所。

___2

ネジを締めていくと、ウェルナットのゴムの部分が変形して固定されます。

ここはワッシャーを大きめ(16パイぐらい)の物を使い、ボルト&ゆるみ止めナットでもいいと思います。

___3

合体完成。

ここで思いついたおまけ作業。

__f

アルミテープを見えなくなる裏に貼っておきました。

天下のトヨタ様がお勧めしているし、貼るだけ簡単作業だからか流行っているようなので。

鈍感な僕が体感出来るような効果は期待していませんがマネしてみました。

__f_l

気をよくして、フロントスポイラーの下側脇にも貼っておきました。

__f_r

左右両方が大体同じになるように。

形状や位置は特に調べたわけでもなく、何となくです。

これはオイル交換とか、車体をリフトで上げると見えるのでちょっと恥ずかしいかも。

フロントバンパーを外す機会があったら裏側に貼り直します。

__wax

__wax_2

おまけ作業が終わったら、あとは逆の手順で車体に取り付けしていきます。

プレクサスを吹き付けてツヤツヤにしておきました。

できた~!

_2_2

_3

_4

_5

外の明るい所で、一人鑑賞してニンマリ(^^)

でもあんまり目立たず、ちょっと寂しい気もします。

満足した所で片づけして終了。

やっぱりですが、次はリアのアンダースポイラーが欲しくなりました。

来月あたりに買って取り付けします。

__1

取り付け後に嫁さんと水仙の里までドライブ。

嫁さん、フロントスポイラーもサイドスポイラーも言うまで気付きませんでした。

言っても「ふ~ん」で会話終了(汗)

あとアルミテープの効果は体感できず。

ただ道中は山を越えるので、下りはアクセルを踏まない為か燃費は良かったです。

行きも帰りも13.5km/L越え。

__2

そのまま暗くなるまで待ってイルミネーションを見て帰ってきました。

おしまい。

2019年5月 7日 (火)

内装の小ネタ

微妙に気になっていた小ネタを作業しました。

先に言っておきますが、すーごくしょうもない内容です。

まずはリアセンターのシートベルト警告灯の消灯から。

リアのセンターはなぜか走り出して少ししないと警告灯が消えません。

センターには人が乗っていないのに。

というか我が家は4人家族で5人乗車はほとんど無いので、普段は消しておきたいんです。

20190506_165756

20190506_165815

立ち寄ったABにキャンセラーが売っていたので購入し、差し込んで終わり。

20190507_184811_2

次にハンドル下の黒い寂しいパネルにカーボンシートを貼ってみました。

マスキングテープで型取りして貼り付けるだけ。

微妙~。

貼っちゃったから剥がれるまでそのままにしておきます。

20190507_190421

あとはキーケースの引っ掛ける所にもカーボンシートを巻きつけてみました。

これは捨てようとしていたカーボンシートの切れ端を帯状に切って巻いただけ。

上記3点、10分で終了。

しょうもない事ですが、微妙に気になっていたからスッキリしました。

おしまい。

フォトアルバム

コソっと質問

検索窓

  • Yahoo!検索

    • ウェブ全体を検索
    • このサイト内を検索

Powered by Six Apart

アクセスランキング