お知らせ

  • BNR34売却。今までお世話になりました。

忍者レコメンド

« フロントアッパーリンク加工とリアスモークパネルにフィルム貼り | メイン | 温水高圧洗浄機で洗車とプレクサス »

2017年5月21日 (日)

前輪のトータルトー簡易計測&調整

この前のFアッパーリンク交換時に計測したフロントのトータルトーですが、タイヤ前後位置で大体トーアウト1mmでした。

それがすごく気になっていて、少しでもトーインにしたくて調整してみました。

もちろん素人の自己流です。

数値も自分がわかればいいだけなので、角度ではなくmmで記録しておきます。

角度に直したい場合は、三角関数の式で計算すればいいだけですしね。

調整はタイロッドエンドでするのですが、それが超シビア。

単純にタイロッド位置やタイヤ外径などから計算してみると、左右のタイロッドを伸縮した量の合計の12倍ぐらい、タイヤ前後付近では変化しちゃいます。

内訳はタイヤ中心からタイロッド中心まで約100mm、タイヤ半径は約300mm、なのでまず約3倍。

上記は半径基準なので直径基準にすると、さらにその2倍。

そして両側のタイロッドを調整するので、それらの倍数を両側分足すと、(3*2)+(3*2)で12倍になるって計算。

例えばタイロッドエンドを片側0.1mm伸縮すると、タイヤ前後付近では0.2*12=2.4mm変化する計算になります。

タイロッドのネジピッチが1.5mmでしたので、今回は下記の計算から30°ぐらい伸ばしてみました。

これで大体片側が0.125mm伸び、0.125*2*12で3mm変化する計算。

Photo

計測方法は板をホイール外側に固定して、その前後の幅を計測するだけです。

ホントはたいや外径ぐらいの幅の板で測りたかったのですが、会社に400mmの物しかありませんでした。

この板が曲がっていると測る意味がないので、なるべく厚みのある方がいいと思います。

400mm

まずは前側。

約1825.5mm。

400mm_2

次に後ろ側。

1826.5mm。

前後の差1mmでした。(トーイン1mm)

前回はトーアウト1mm(400mm板だと約0.7mm)でしたので、約2mm変化した事になります。

今回は400mmの板の前後での計測なので倍率は約8倍になり、先の計算を修正すると、0.125*2*8で2mmとなり、大体計算通りになりました。

30°なんてホント微妙にしか回していないので、それでこれだけ変化するなんて、正確な調整は僕には無理です(^^;)

正確にアライメントを調整するには、機材の揃ったお店にお願いするしかないですね。

とりあえず街乗りした感じでは、轍でハンドルをとられず普通に走れましたし、気分もスッキリしました♪

おしまい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/228237/34061754

前輪のトータルトー簡易計測&調整を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

アクセスカウンタ

個人別カウンタ(ドラクエ風)

フォトアルバム

コソっと質問

検索窓

  • Yahoo!検索

    • ウェブ全体を検索
    • このサイト内を検索

忍者アナライズツール
Powered by Six Apart

リアルタイム解析