お知らせ

  • 7月13日 レヴォーグ納車。

忍者レコメンド

« バルタイ調整(3回目) | メイン | 前輪のトータルトー簡易計測&調整 »

2017年5月14日 (日)

フロントアッパーリンク加工とリアスモークパネルにフィルム貼り

夏になると、後部座席で子供が「頭が熱い!」って怒るので、リアのスモークパネルにフィルムを貼りました。

R__2

R__4

一番上に20cm幅の可視率5%を貼って、次に8%のグラデーションタイプを貼りました。

R__

室内からだと、フィルムの色の違いがかなり目立って「やっちまった!?」って思いましたが、外からだと目立たないみたい。

良かった~。

30分ぐらいで貼ったので、ほこりやシワが入っていたりして室内から見ると汚いです(^^;)

まあ、これで上半分が暗くなり、頭も熱くないはず(^^;)

次に純正フロントアッパーリンクの加工です。

僕の車はナックル下側に14mmのオフセットステーを取り付けてキャンバーを大きくつけてました。

で、サーキットをお休みしてからはアッパーリンクの穴位置を10mm外へずらした物を取り付け、純正比+4mmぐらいまでキャンバーを起こし、かつ12mmぐらいホイールが外へ出た状態にしてました。

これだと今のホイール(9.5J+12)では少しはみ出していたんですよね。

F3

なので純正アーム+5mmの物を作り、はみ出しを直す事にしました。

F

まずは穴位置を採寸してから溶接で埋めてフラットに削り、5mmずれた位置にポンチを打ち。

溶接時、内側からアルミ板を当てておくと溶接の肉盛りが裏に出ないので、削る作業が楽になります。

F5mm2

あとは12パイで穴あけ~。

F_3

あっという間に加工完了。

F_2

ついでに適当にシルバーで塗装しておきます。

F2

塗装が完了したら、しばらく乾燥させ、早速取り付けです。

F_1g

奥側のボルトは運が良ければそのまま外れますが、運が悪いとショックのスプリングに当たって抜けません。

その時は仕方ないのでショックのナットを緩めてずらせば抜けます。

僕は運転席側はOKでしたが、助手席側はダメでした。

ボルトの締め付けは1Gにしてから。

F_4

あとはホイールを取り付けして着地し、トーを測って問題なければ完成です。

今回はホイール前後で1mmぐらいのトーアウトでしたので、ほぼ0度ぐらい。

ホントは少しトーインにしたかったのですけどね。

これ以上の調整はその内お店でしてもらいます。

F_

一応、新旧比較の画像もアップ。

シルバー塗装だけだと寂しい感じだったので、会社のステッカーを貼っておきました(^^;)

キレイになっていい気分(^^)

F5_10mm4

(新)+5mmと(旧)+10mmの比較

F5mm

キャンバーのつき具合。

F5mm2_2

多分2.5度ぐらいかな。

軽く街乗りした感じでは、普通にまっすぐ走れました。

おしまい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/228237/34060506

フロントアッパーリンク加工とリアスモークパネルにフィルム貼りを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

アクセスカウンタ

個人別カウンタ(ドラクエ風)

フォトアルバム

コソっと質問

検索窓

  • Yahoo!検索

    • ウェブ全体を検索
    • このサイト内を検索

忍者アナライズツール
Powered by Six Apart

リアルタイム解析