お知らせ

  • 1年ぶりにオイル交換。 走った距離は1600km。 もったいない・・・。

忍者レコメンド

2017年5月21日 (日)

前輪のトータルトー簡易計測&調整

この前のFアッパーリンク交換時に計測したフロントのトータルトーですが、タイヤ前後位置で大体トーアウト1mmでした。

それがすごく気になっていて、少しでもトーインにしたくて調整してみました。

もちろん素人の自己流です。

数値も自分がわかればいいだけなので、角度ではなくmmで記録しておきます。

角度に直したい場合は、三角関数の式で計算すればいいだけですしね。

調整はタイロッドエンドでするのですが、それが超シビア。

単純にタイロッド位置やタイヤ外径などから計算してみると、左右のタイロッドを伸縮した量の合計の12倍ぐらい、タイヤ前後付近では変化しちゃいます。

内訳はタイヤ中心からタイロッド中心まで約100mm、タイヤ半径は約300mm、なのでまず約3倍。

上記は半径基準なので直径基準にすると、さらにその2倍。

そして両側のタイロッドを調整するので、それらの倍数を両側分足すと、(3*2)+(3*2)で12倍になるって計算。

例えばタイロッドエンドを片側0.1mm伸縮すると、タイヤ前後付近では0.2*12=2.4mm変化する計算になります。

タイロッドのネジピッチが1.5mmでしたので、今回は下記の計算から30°ぐらい伸ばしてみました。

これで大体片側が0.125mm伸び、0.125*2*12で3mm変化する計算。

Photo

計測方法は板をホイール外側に固定して、その前後の幅を計測するだけです。

ホントはたいや外径ぐらいの幅の板で測りたかったのですが、会社に400mmの物しかありませんでした。

この板が曲がっていると測る意味がないので、なるべく厚みのある方がいいと思います。

400mm

まずは前側。

約1825.5mm。

400mm_2

次に後ろ側。

1826.5mm。

前後の差1mmでした。(トーイン1mm)

前回はトーアウト1mm(400mm板だと約0.7mm)でしたので、約2mm変化した事になります。

今回は400mmの板の前後での計測なので倍率は約8倍になり、先の計算を修正すると、0.125*2*8で2mmとなり、大体計算通りになりました。

30°なんてホント微妙にしか回していないので、それでこれだけ変化するなんて、正確な調整は僕には無理です(^^;)

正確にアライメントを調整するには、機材の揃ったお店にお願いするしかないですね。

とりあえず街乗りした感じでは、轍でハンドルをとられず普通に走れましたし、気分もスッキリしました♪

おしまい。

2017年5月14日 (日)

フロントアッパーリンク加工とリアスモークパネルにフィルム貼り

夏になると、後部座席で子供が「頭が熱い!」って怒るので、リアのスモークパネルにフィルムを貼りました。

R__2

R__4

一番上に20cm幅の可視率5%を貼って、次に8%のグラデーションタイプを貼りました。

R__

室内からだと、フィルムの色の違いがかなり目立って「やっちまった!?」って思いましたが、外からだと目立たないみたい。

良かった~。

30分ぐらいで貼ったので、ほこりやシワが入っていたりして室内から見ると汚いです(^^;)

まあ、これで上半分が暗くなり、頭も熱くないはず(^^;)

次に純正フロントアッパーリンクの加工です。

僕の車はナックル下側に14mmのオフセットステーを取り付けてキャンバーを大きくつけてました。

で、サーキットをお休みしてからはアッパーリンクの穴位置を10mm外へずらした物を取り付け、純正比+4mmぐらいまでキャンバーを起こし、かつ12mmぐらいホイールが外へ出た状態にしてました。

これだと今のホイール(9.5J+12)では少しはみ出していたんですよね。

F3

なので純正アーム+5mmの物を作り、はみ出しを直す事にしました。

F

まずは穴位置を採寸してから溶接で埋めてフラットに削り、5mmずれた位置にポンチを打ち。

溶接時、内側からアルミ板を当てておくと溶接の肉盛りが裏に出ないので、削る作業が楽になります。

F5mm2

あとは12パイで穴あけ~。

F_3

あっという間に加工完了。

F_2

ついでに適当にシルバーで塗装しておきます。

F2

塗装が完了したら、しばらく乾燥させ、早速取り付けです。

F_1g

奥側のボルトは運が良ければそのまま外れますが、運が悪いとショックのスプリングに当たって抜けません。

その時は仕方ないのでショックのナットを緩めてずらせば抜けます。

僕は運転席側はOKでしたが、助手席側はダメでした。

ボルトの締め付けは1Gにしてから。

F_4

あとはホイールを取り付けして着地し、トーを測って問題なければ完成です。

今回はホイール前後で1mmぐらいのトーアウトでしたので、ほぼ0度ぐらい。

ホントは少しトーインにしたかったのですけどね。

これ以上の調整はその内お店でしてもらいます。

F_

一応、新旧比較の画像もアップ。

シルバー塗装だけだと寂しい感じだったので、会社のステッカーを貼っておきました(^^;)

キレイになっていい気分(^^)

F5_10mm4

(新)+5mmと(旧)+10mmの比較

F5mm

キャンバーのつき具合。

F5mm2_2

多分2.5度ぐらいかな。

軽く街乗りした感じでは、普通にまっすぐ走れました。

おしまい。

2017年5月11日 (木)

バルタイ調整(3回目)

なんとなくバルタイ調整してみました。

この作業は、やっぱりカバーの脱着が一番面倒ですね。

3in4_ex6

BNR34はあまり振らない方がいいみたいなので、

今回はIN側のみ調整して、IN+4・EX-6です。

3in7

調整前。(+7)

3in4

調整後。(+4)

タイミングライトを紛失しちゃったので、とりあえずクラセンはマーキング位置戻して終了。

EX側は調整していないので多分OKかな。

次の日、整備士の友人にタイミングライトを借りてきて確認しました。

バッチリ20°でした(^^)

スマホのアプリで近接排気音を確認してから試走してきました。

3_2

バッチリ車検対応の音量(^^)

AVGがアイドリングの平均で、MAXが近接排気音です。

なんとなくアイドリングの体感音量が静かに感じました。

計測値は前回とほぼ変わりませんでしたけどね。

33

高速の加速レーンで3速全開でのエアフロ電圧やブースト圧等。

もちろん法定速度内です。

MFDのIJ噴射率はエアフロ電圧からの変換値らしいです。

(5.1V=100%)

なかなかの純正エアフロの限界値っぷり(^^;)

これ以上のブースト圧はかけれませんね。

高回転でのマフラー音の高音っぷりがステキでした♪

僕は停車からアイドリングの回転数のまま半クラにして走り出すのですが、ガクガクならずにスムーズに発進できるようになりました。

今までで一番乗りやすいかも。

当分はこのままにします。

ちなみに今のマフラーは、これ。

Photo

5ZIGENの今は廃盤になっているPRORACER X-TUBE S-SPECです。

フロントパイプはKSPの60パイW-76.3パイです。

全体的にパイプが細めで肉厚も薄めだからか、高音気味でいい感じです♪

おしまい。

2017年5月 3日 (水)

お気に入りの風景

今日も少しだけ一人の時間が出来たので、ひさしぶりにお気に入りの風景を見に行ってきました。

201753_6

車もめったに通らないし、すごく眺めがいいんです♪

落ち着く~。

201753_3

201753_4

201753_5

201753_2_2

そのまま海岸線から山間部の長い直線の続くトンネルを抜けて帰ってきました。

WAKO’Sのフューエルワンを入れたからか、妙に吹け上りが良い感じで気持ちよかったです。

おしまい。

2017年5月 2日 (火)

WAKO’SのFUEL1を買ってみたっ!

今日は子供は学校、嫁さんは何かのセミナー、僕は暇人って事でドライブしてきました。

家から北の方向へ仕事の用事がちょっとあったので、その後にとりあえず高速で北へ向かいました。

計画性ゼロ。

で、お隣の石川県金沢市手前で運転に飽きました(^^;)

高速を降りて下道を少し走ると、アップガレージを発見したので入店。

特にほしい物はありませんでした。

Photo

何も買わずに帰るのも寂しいので、ワコーズの燃料添加剤フューエルワンを買ってきました。

次の給油で入れてみよっと♪

おしまい。

2017年4月29日 (土)

タイヤハウス内のアンダーコート塗装完了&キャリパーブラケット加工

朝一でホームセンターへスプレーを買いに行き、タイヤハウス内のアンダーコート塗装の続きをしました。

リアのフェンダー耳付近にはアンダーコートが全く塗布されていませんでした。

こんなの飛び石でキズがついて錆びちゃうでしょ!

って事で、耳の裏までタイヤハウスに頭をつっ込んで確認しながらスプレーしときました。

Photo

気分スッキリ!

黒々してます♪

タイヤを付けたら見えなくなっちゃいますけどね。

いいんです、自己満足ですから。

1台分のタイヤハウス内をくまなく塗るには2本は必要でした。

次に355mmローター用キャリパーブラケットの加工です。

3551

持っているのはAPレーシング純正品でした。

ナックルへ取り付けする穴がR32,33用の12パイなので14パイに拡大します。

正確には12.2パイを14.2パイに拡大なのですが、14.2パイのドリルがなかったので、

仕方なく14.0パイで加工しておきました。

ついでに自己満足で内径を軽く磨いてツルツルにしておきました。

3552

バリを取ったら最後にキレイに掃除して保管。

あとはローターが届くのを待つばかり(^^)

2017年4月28日 (金)

リアのタイヤハウス内もアンダーコートを塗布してみたっ・・・が!

フロントに塗布で思った以上の満足度があり、いてもたってもいられずリアも塗布しました。

家族がみんな出かけてしまい、ひとりぼっちで暇だったってのもありますけど。

R

運転席側はあまり塗るところがありませんでした。

助手席側は結構な未塗布部があり、途中でなくなっちゃいました(><)

1/3ぐらい塗った時点で終了~。

仕方ないので明日ホームセンターで買ってきて続きをします。

こんな事なら映画でも見てくればよかった・・・。

タイヤハウス内を塗ろうと思ったら2本は必要みたいですね。

めんどくせー!

ローター研磨完了。だがしかし・・・。

フロント2Pローターが研磨から帰ってきました。

ワクワクしながら開封!!!

Photo

まずは外側・・・。

Photo_2

そして内側・・・。

終了~。

スリットがほとんど消えてます。

厚みも30mmを切ってるし。(新品32mm)

研磨に出す時、歪みが大きいから心配はしてたんですよね。

予想以上の削りっぷりに、見た瞬間目玉が飛び出るかと思いました(驚)

仕方ないので補修用ローターを注文して来ました(涙)

外径を343mmから355mmにしてサイズアップです(嬉)

V36やZ34用純正355mmローターは重いらしいので却下しました。

多分2枚で8~10kgぐらい重量アップするみたい。

調べたら今のベルハットのまま取り付けできるのがディクセルにあったんですよね~。

ただしV36の1Pスリット入りで約26000円の補修用2Pスリット入りは68000円ぐらい。

値段の差ありすぎ・・・。

痛いなぁ、、、またR35コイル化とニスモエアロが遠のいた・・・。

キャリパーブラケットは355mm用のがあるので、取付穴だけ34用に拡大加工します。

(32,33用は取り付け穴が12パイで、34用は14パイ)

それまで乗れない&研磨代の無駄が嫌なので、とりあえず取り付けしました。

Photo_3

真横から見るときれいなんだけどね~(遠い目)

ミゾが浅すぎて、マジックでスリットを描いたみたい(^^;)

まあ、こんな日もあるさっ!

2017年4月26日 (水)

Fブレーキローター研磨へドナドナ&アンダーガード塗布

フロントのブレーキローターが変な摩耗をしているので研磨へ出しました。

Dsc_0187

戻ってくるまでこのままで放置です。

ディスクの内周と外周付近が多くすり減っていて、真ん中あたりが盛り上がったような樽形?のような感じでした。

こんな時こそ!と思い気になっていたアンダーコートを塗布してみました。

前日が徹夜で仕事だったので、今日は午後からお休みでしたし。

Dsc_0190

最初は車高調やブレーキホースを養生して塗布していましたが、塗れない所が気になり結局は養生なしでダイレクト塗布(汗)

ブレーキクリーンを吹きかけて、エアーブローの後に塗布しただけです。

汚いタイヤハウス内が塗布後は黒々してます(嬉)

ゴールデンウイークにはリアも塗ろうっと(^^♪

2017年1月 7日 (土)

新年、明けましておめでとうございます。

ちょっと日が経っちゃいましたが、明けましておめでとうございます。

今日は晴れていたので先輩の勤めるガソリンスタンドで、

洗車&水垢取りをしてもらいました。

20170107

ピッカピカッ!

Photo

その後は会社で室内のオゾン脱臭。

室内の埃臭?が消えました(^^)

久しぶりに外装、室内共にきれいになって気持ちがいいです♪

久しぶりに乗りましたが、やっぱりGT-Rは楽しいですね。

売却も考えてはいますが、楽しいだけにかなり悩みます。

おしまい。

2016年9月17日 (土)

リバースギヤトリガー取り付け

そのまま取り付けるか、メッキをしようか一週間悩んでました(^^;)

で、結局そのまま取り付けしました。

交換は横から刺さっているスプリングピンをピンポンチなどで打ち抜けばスポッと抜けますので、そのまま交換するだけです。

スプリングピンは結構固いので、そこそこの力で叩かないと抜けません。

交換後に上下にスライドさせてみて動きが渋い場合には、

握って左右交互に回転させるように軽く力をかけると、

馴染んで軽く動くなるようになります。

Photo

まずは純正(樹脂製)。

黒色で違和感なく室内になじんでいます。

Photo_2

次にヤフオク品(アルミ製)。

バフ掛けされているのでピカピカです。

室内で結構な自己主張具合。

なんとなく室内が華やかになりました(^^)

おしまい。

2016年9月14日 (水)

リバースギヤトリガーの購入

ずっと気になっていたので、安いし買っちゃいました。

初めはBRZの物を加工して取り付けようと考えていたのですが、

ヤフオクでBNR34ゲトラグMT専用品を見つけちゃいました。

2

個人製作ですが丁寧な仕上がりですごくキレイ!

個人といってもそういうお仕事をされているのだと思います。

取り付けはメッキしてからか、そのままか悩みます(^^)

2016年9月 5日 (月)

ブレーキパッド交換

サーキットをお休みしているくせに、ずっとサーキット用パッドを使ってました(^^;)

最近はディクセルのR01だったのですが、温まると鳴いて恥ずかしいので交換です。

Projectnszero1

今回はプロジェクトμのNS-ZERO。

Projectnszero2

対応温度0~400℃という街乗りパッドです。

1

交換中~。

Dixcelr011

取り外したパッド。

外側の方が微妙に減るのが早いみたい。

まだ厚みは全て17mmジャストぐらい残ってますので、保管しときます。

早速街乗りした感じでは、今までのカチッとした感はなくなりました(汗)

悪く言うとふにゃっとした感じ。

まだ当たりが十分ではないので、しばらく様子見です。

効きは街乗り程度なら十分そう。

つぎにホイール比較。

次のタイヤ交換時にアルミを純正に戻そうかと悩んでいますので、ツライチにする為のデータ取りです。

まずは側面の見た目。

Fr__rr_te37

F・純正(18*9J+30)、R・TE37(18*9.5J+12)

純正の方が大きく見えます。

Fr__rr_1

F・純正、R・純正

側面だけなら、なかなかいい感じです。

Fr_te37_rr_te371

F・TE37、R・TE37

色をガンメタあたりに変えればバッチリです。

次に純正ホイールでのツラ具合。

Fr__

・フロントはナックルオフセットとアッパーアーム穴位置変更で、

10mmぐらいナックルが外に出た状態。

まだフェンダーから16.5mm引っ込んでます。

Rr__2

・リアは20mmスペーサにハブボルトの逃げの関係で+6mmにして、

トータル26mmの状態。

まだフェンダーから16mm引っ込んでます。

Fr__rr_2

微妙な感じ。

このままでは、交換したら多分後悔します(^^;)

Fr_te37_rr_te372

ちなみにTE37の場合は、ばっちりツライチ。

純正でもこれを目指します。

「測定結果」

ローターから出っ張ったハブボルトの長さは、

F・23mm、R・28.5mm。

純正ホイール裏の逃げは4mmぐらい。

なので、

F・23mm-4mm=19mm

R・28.5-4mm=24.5mm

最低でもこれ以上の厚みが必要。

そこへフェンダーからの引っ込み具合を加味してみると、

F・16.5mm、R・42mm(16mm+26mm)なので、

F・20mmスペーサ+フェンダーモール取付

R・40mmスペーサ

という組み合わせになるみたい。

さすがに40mmは怖いので悩みます・・・。

おしまい。

2016年8月16日 (火)

洗車後の雨

今日は午前中だけ出社し、昼から洗車してワックスを掛けました。

ワックスをかけ終わった直後、外は土砂降りの雨・・・。

Photo

泣ける(涙)

すぐにやんだので、道路が乾いたら帰る事にします(^^)

2016年7月30日 (土)

バッテリー交換

最近、走行してからの再始動がかなり悪く、この前も岐阜県まで遊びに行った帰りにかぶりそうになったのには焦りました。

R-VITでは「スイオンセンサ」がエラー表示してるし…。

整備書を見ながら調べても、どこもおかしくありませんでした。

そもそも水温センサーは1度交換してるし。

なのでネットで質問してみると、コイルやプラグ、ECU本体、クラセンが怪しいとの事でした。

Iritop7

ということでまずはすぐに手に入る7番のプラグを購入しました。

ただバッテリーも弱っているような気がしていたので、下記の測定をしてみました。

バッテリーを充電後に、直後・15分後・1時間後・5時間後で電圧を計測してみると、直後に13.7Vだったのが1時間後で13Vになり、その後は13Vのままでしたので、特に問題なさそうです。

エンジン始動後に数分アイドリングして停止後は13.3V。

使用期間は丸3年ぐらいです。

(前期用のピットワーク SLA-A19LT)

ヤフオクで買ったプラグが届いてから、交換前に遊びに行った板金屋さんでふと聞いた後期のバッテリーがディーラーなら在庫ありとの事。

(ピットワークのSLA-B20L)

しかもすぐに配達するって言ってるし。

値段もネットで送料を含めた値段とほぼ同じ…。

悩む事、数分…。

買っちゃいました(^^;)

これでさっきの電圧測定での5時間は無駄になりました(汗)

_2

汗だくで急遽交換です。

トランクルームにあるので、交換はトランクの内装や補強のパネルを外さないといけません。

すごーく面倒。

ちなみに画像左が後期用で右が前期用です。

高さが1~2cm違います。

交換後にエンジンをかけて数分アイドリングで停止し、数分後に再始動ってテストをしてみましたが、すぐにエンジンがかかります。

セルのまわり具合はそんなに変わらない感じなのですが、セルを回した瞬間にエンジンがかかるようになりました。

たぶんセルが2回ぐらい回るまでにエンジンがかかってます。

でも新品を取り付け前に測った電圧は12.7Vなんですよね。

減ってるんですけど…。

どういう事?

電圧だけではバッテリーが弱っているかの判断にはならないのかもしれませんね。

R-VITの「スイオンセンサ」ってエラー表示も消えてるし…。

家に着くまでの15分では結局エラーは消えたままでした。

上記とエンジンルームを眺めていたら、水温センサーのエラーとエンジン再始動の不良は別問題なんじゃないかと思えてきました。

水温センサーの近くにタービンの冷却水戻り配管があるので、走行中に高温になったタービンから戻る水の温度をセンサーが計測してエラーになり、再始動不良は単にバッテリーの劣化が原因なんじゃないかと。

それならつじつまが合いそうじゃないですかね?

ただタービンの戻り配管じゃなくて、送りの配管ならこの予想は外れですけど。

とりあえず様子見ですね。

謎だらけだ…。

2016年7月 2日 (土)

左(助手席側)ドライブシャフトブーツ交換完了!

昨日破れを発見したドライブシャフトブーツですが、

在庫がある事を思い出して、早速交換しました。

Photo

結局、在庫のインナー側が右側用らしく、合わなかったので急きょ買いに走りましたけど(汗)

画像は正規の左側用品番です。

センターの36mmナット用ソケットも紛失してて、それも買いに走りました。

36mm

売っていたソケットの差し込みが持っているインパクトの合わないので、

M20のハイテンボルトを加工してジョイントも作りました。

無駄な時間が多すぎる(汗)

36mm_2

そんなこんなで結局1日がかりになっちゃいました(疲)

Photo_2

36mm_3

まずは割りピンを外して36mmナットも取り外します。

36mmok

苦労のかいあって、無時緩みました。

Photo_5

オイルパン側のボルト&ナットを6本はずして、

Photo_6

ナックル側はスタビとロアアームのネジを外してナックルを捩じれば抜きとれます。

Photo_7

インナー側が見事に裂けてました。

Photo_3

そしてドライブシャフトを画像の蓋側を上にして立てて、コンコンとすると蓋が外れます。

そしてスナップリングを外して、インナーベアリングを抜き取ります。

三つヅメプーラーがない場合は叩いて抜きますが、ベアリング部分は叩かない事!

Photo_8

古いブーツやバンドはニッパーで切って取り外し。

20160702_172126

きったねー。

インナー側はグリスが乳化してました(汗)

ここから掃除をしていくのですが、手がグリスまみれで画像をとる余裕がなくなりました。

ブレーキクリーン2本とウエス10枚ぐらい使用。

軍手も3セットぐらい使い分けました。

Photo_9

清掃完了。

今回の作業は掃除時間が半分ぐらい占めました(汗)

Photo_10

アウター側は分解方法がわからず、そのまま掃除しました。

Photo_11

あとは適量(100~120gぐらい)充填したらブーツをかぶせて、

バンドを絞めこみます。

バンドを絞めこむのがなかなか難しかったです。

マイナスドライバーとプライヤーを駆使して無事終了。

新たに購入したインナー側は付属のモリブデングリス(黒色)を使用し、

在庫のアウター側は在庫してたオメガの青色グリスを使用しました。

特に使い分けに意味はなく、単にあったから使っただけです。

サーキットを走るなら、高価ですが全部オメガがいいと思いますよ。

Photo_12

Photo_13

あとは逆の手順で組み込んでいきます。

ボルトの締め忘れに注意!

僕はスタビリンクのネジを忘れそうになりました(汗)

片付け後、軽く近所を走ってグリスをなじませて今日の作業は終了。

今日は暑かったし、いろいろと焦っていて昼食も軽く済ませたので、

いいダイエットになりました(笑)

おしまい。

2016年7月 1日 (金)

クラッチのエア抜き完了だったのだけど・・・OTL

クラッチペダルを踏んだ時に違和感があったので、再度クラッチのエア抜きをしてみました。

2

結果はバッチリ。

クラッチペダルを踏んだ時の違和感が消えました。

やっぱりまだ少しだけエアが噛んでたみたいです。

あとニスモオイルセパレータのリターンホースからオイルが滲んでいたので、

ホースバンドを増し締めしようとしたら、、、

見つけちゃいましたOTL

助手席側ドライブシャフトのブーツが破れてる、、、。

一昨日の夕方には破れてなかったので、昨日の仕事帰りに破れたみたいです(涙)

また修理だ、、、。

2016年6月30日 (木)

クラッチホース交換&レリーズシリンダOH

フルードの滲んでいたクラッチホースを交換しました。

ついでにレリーズシリンダのOHも。

Photo

クラッチホースはクラッチをプル式からプッシュ式に変更している為、

普通の物では長さが短いかもしれないので作ってもらいました。

ニスモとかのを買うのと値段的には変わらないみたいです。

むしろ送料分は安いかも。

という事で整備士の友人に作業もお願いしちゃいました。

仕事帰りに少し乗った感じでは、まだ少しエアがかんでいるっぽかったので、

週末に再度エア抜きしてみます。

2016年6月24日 (金)

やっちまったジャッキアップポイントの軽い補修

いつもはフロントメンバーでジャッキアップするのですが、

ちょっとだけと思ってジャッキアップポイントで上げたら…。

曲がっちゃいました(涙)

3枚ぐらいの鉄板が重なっている一番外側だけが広がっちゃいました。

Photo

仕方ないのでプライヤーで戻して適当にスプレーで補修しときました。

これからは気を付けようっと。

2016年6月22日 (水)

4回目の車検

早くも4回目の車検でした。

走行69235km。

今回は2年で走行距離約6500kmでした。

特に問題もなくスムーズに終了でした。

しいていえばクラッチホース根元から少しフルードが滲んでいたので、

近い内に交換します。

クラッチをプルからプッシュへ変更している場合、シリンダの向きを変えているので普通にBNR34用でいいのかわかりません。

ホースの長さが足りるか心配。

Photo

画像を見た感じでは、同じぐらいの距離で大丈夫そうな気もします。

早速調べてみよっと。

アクセスカウンタ

個人別カウンタ(ドラクエ風)

フォトアルバム

コソっと質問

検索窓

  • Yahoo!検索

    • ウェブ全体を検索
    • このサイト内を検索

忍者アナライズツール
Powered by Six Apart

リアルタイム解析